〜九州・福岡より発信中!(当分の間、ホーチミン市から発信!)〜
サーチ!
Google
from Amazon
航空券・宿泊案内
Google Links
おすすめショッピング
LINKS
RECOMMEND
あ、安部礼司スペシャル IMATSUBO HIGH-POSITION
あ、安部礼司スペシャル IMATSUBO HIGH-POSITION (JUGEMレビュー »)
オムニバス,C-C-B,杉崎真宏,RCサクセション,小林高鹿,EPO,プリンセスプリンセス,安全地帯,もたい陽子,BOΦWY,市川訓睦
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
日越友好列車に乗車
category: 地域ネタ | author: sakuzou

2013年9月21日、日越友好年を記念したベトナムでのラッピング列車が最終運行となるため、ホーチミン市日本商工会のご案内でチケットを買い、乗車してきました。

17:00にサイゴン駅に着きます。
それにしても、空港と違って閑散としてます・・・

これが、切符売り場です。
この程度でさばけるんでしょう・・・

ハノイ〜サイゴン間の列車時刻です。
ハノイ〜サイゴン間全区間走破するのは1日5便で、途中までが数便あります。
途中までと言っても、何時間も走る列車です。
我々が乗車する19:00発車の列車はハノイまで32時間かかります。

17:00からは、日本国総領事もご出席されての最終運行記念式典が行われました。

式典は1時間ほどで終わりましたが、18:00にはホームに出てテープカットです。

日越友好40周年記念ラッピング車両は19:00発車です。
列車名は「SE2」です。ハノイ行きです。駅舎から一番近い1番ホームから出発です。
19:25発車の列車は途中駅どまりの「SQN2」号です。3番ホームから出発です。

このようなラッピングが施されてます。

3両ありますが、ベトナム語表記と英語表記の車両、その間にハスの花のラッピング車両があります。日越友好列車なのに、なぜ、日本語の車両がないの??

我々が乗車するのは、この2段式寝台車です。
日本の寝台車のベッド幅より少し狭いのと、向かい側のベッドとの間が狭くて下に4人座っていると相手の膝小僧が当たるくらいです!

列車編成は、機関車+食堂車+座席車(多分、普通車と特別車があると思います)+3段寝台車+2段寝台車+電源車の編成で合計10両編成くらいだったかな?

日本の寝台車と変わりなさそうですが、上段のベッドに登る梯子がない!
下段のところに、足をかけるのが1つあるので、それを利用して上にエイッと登ります。
そして、プライバシーカーテンがない・・・
これは致命的!でも、ベトナムの人は、道路にハンモック出して寝るくらいですから、寝顔を見られたりするのは抵抗ないかもですね。


超長時間の列車なので、食堂車でも食事ができますが、車内販売があります。
面白いのは、食事のワゴン、おつまみのワゴン、飲み物のワゴンと立て続けに来ます。

相変わらず愛想のないスタッフばかりですが、対応はきちんとするようです。
私は、コンビニでいろいろ買い込んで乗車しましたのですが、ホビロン(孵化しかけのあひるの卵)をビールのつまみに買いましたが、とてもおいしかったです。ほかの方は、Phoやおかゆを食べてましたが、みなさんおいしいと言ってました。

続きは、また今度!

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
2013年夏の旅
category: 旅行 | author: sakuzou
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2013年夏、ベトナムから2週間日本に帰りましたが、1週間は仕事でしたので実質残る1週間しか休みがありませんでした。

JALのマイレージが期限切れになるので、それを消化するために出たような旅行でしたが、今まで行ったことないところにしようと思い、長野と群馬に行ってきました。

新宿から乗った高速バスを長野駅前で降り、戸隠高原へ行きます。
往復+フリー区間の切符です。

長野駅から乗ったバスは、戸隠奥社で下車。
お盆休みとあって、かなりの自動車が止まってました。
バスはほぼ満席でしたが、旅行者ばかりでしたね。

戸隠奥社から戸隠中社へ降りできて、バスに乗りますが、結構歩きました!

次の日は、初めて乗る長野電鉄。
JR長野駅前の地下ホームに長野電鉄はあります。
成田エクスプレスのお古を走らせてます。

終点湯田中からは、バスに乗り換えて、白根山へ。
このバスの運転手氏、肉声ですらすらと観光案内をされます。
テープの案内と違って、非常に臨場感ある案内でよかったです。

かなり高いところを走りますが、運転手氏いわく、日本一高いところを走る一般路線バスなんだとか。ちなみに、この国道は日本一標高が高いところを走るそうです。

白根火山バス停終点から、20分ほど登ると、湯釜という火山湖があります。
火山物質の影響で、白濁した温泉のような色をしてます。

今度は、反対(群馬県側)へ降りていきます。
結構な乗客でした。

終点の草津温泉では、やっぱりここを見ないといけないでしょう(笑)
見るだけ・・・暑いし、人は多いし、しかも温泉のお湯が相当熱いようで、この温泉好きの私が温泉に入らずにバスターミナルに戻りました!

草津温泉駅です。
国鉄時代から、国鉄バスの有人窓口のあるところはバス駅と呼ばれてました。
しかし、ほとんどのバス駅は廃止され(というか、他社の民間バス会社へ路線委譲)たので、バス駅というところがほとんどなくなりました。
私が見たバス駅の中では、今でも活気のあるバス駅です。

草津温泉からは、JRバスで長野原草津口駅まで向かいます。

長野原草津口駅から、吾妻線で新前橋へ出ます。
ここから、上野へ向かう高崎線に乗り換えるのですが、時間があったので、あと何年かしたら絶滅しそうな国鉄型車両が走ってたので、撮影。

当駅(新前橋)始発、新特急あかぎ号です。

最近まで東海道線でよく見た車両(厳密には違うが・・・)です。
まだここで、この色の車両を見ることができるなんて!

東京に戻ってからは、都電に乗ったことがなかったので、都電に。

電車やバスに乗りっぱなしのような記事ですが、観光もちゃんとしましたよ!

東京は37度くらいでとてもたまりませんでしたけど。。。

上野の東京都美術館はよかったです。
印象派の絵画展があってました。

ということで、2013年の夏の旅行はおしまい!

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Phu Quoc島へ旅行
category: 旅行 | author: sakuzou
JUGEMテーマ:日記・一般 


サントリーウエルネスオンライン

もう2か月近く前の話ですが、ホーチミン市から飛行機で40分のところに、フーコック島があります。最近はベトナム人観光客を中心に観光地化しているところです。

フーコックの空港は、最近建て替わったばかりのようでかなり立派な建物でした。国際線ターミナルもありますが、まだ稼働してないようです。

飛行機はViet Jet AirというLCCですが、安いせいかどうかわかりませんが、時間通りに飛びません。観光でしたらまあいいかと思えるのですが、とてもビジネスユースはできないでしょう。
それに、飛行機に乗ったことがないような人が乗るので、搭乗に時間がかかったり客室乗務員の指示が時間がかかったりと・・・

フーコック島は、きれいな海でしたが、街はごみを処理する概念がないのかせっかくきれいな海岸がゴミだらけです。バスで移動してても、ゴミさえなければ本当にきれいな島なのにな〜とつくづく思いました。

その昔は、ゴミをほったらかしても土に帰るようなものしかなかったからよかったのでしょうが、今は日本と同じように品物はビニール袋に入れて渡します、そのビニール袋やビニールのパッケージを家の横に積み上げてます。当然風が吹くので家の周りはゴミだらけ。。。


観光船に乗って唖然としたのが、船員がペットボトルなどのゴミをなんの悪びれた様子もなく海に捨てています。
こりゃ環境教育をしないといつかこの国はゴミに泣かされるぞと思いました。


最終日、ビーチにいると、雨が降り虹が出てきました。
3枚目の写真、わかりますか?


ご飯がおいしく、海もきれいでしたが、ゴミが頭から離れない今回の旅行でした・・・


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ホビロンを食す
category: 地域ネタ | author: sakuzou
 JUGEMテーマ:グルメ

ベトナム人の多くが好きな食べ物「ホビロン」・・・

日本人が聞いてもなんのこっちゃ?とお思いでしょう。

簡単に言うと、「孵化しかけのアヒルの卵をゆでたもの」です。



見た目はこの通り、食べる気がなくなるようなのですが、食べるととても美味!

しかし、食べ方が面倒です。
スプーンで卵の上をたたいて、少し割り、内皮を少し破っりそこに塩コショウを少しまぶし、ゆで汁を飲みます。その後、スプーンで中を穿り返して食べます。

気の短い方は、とてもこんなに手間暇かけて食べようとはおもません。

おいしいのですが、私もだんだん面倒になってきました。

弊社スタッフも大好きなようで、ホビロンを数個食べると、これだけで昼ごはんでもよいといいます。。。

私には、あくまでおかずなのですが。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
クチトンネルへ
category: プチ旅行 | author: sakuzou
6月のとある日曜日、ホーチミン市の北部にあるクチトンネルへ行きました。

ベトナム戦争のときにゲリラ戦を行うために掘ったトンネルです。
一説によると250KM以上の長さになるんだとか。。。

途中の道路です 結構快適です

入って最初に、各国の言語でのDVDを見ます。
日本語で話しているのですが、よくわかりません・・・

おっと、出ました!
米軍を震え上がらせた落とし穴です。

落とし穴の種類の解説です。
こんなところに落ちる自分を想像すると、身の毛がよだちます!

米軍の不発弾を加工して手りゅう弾などに作り替えるという説明ですが、ベトナムではいろんなところで実物大よりちょっと大きめの蝋人形での展示が多くあります。

いざ、トンネルへ!
といっても、ちょっとの距離だけを体験。

と思ったら、こんな狭さ!
20mちょいの距離でも腰が痛くなりました・・・

そして、休憩場があり、その横では射撃体験ができます。
私も実弾10発(20万VND)を機関銃で打ちましたが、機関銃なのであっという間に終わりました。それにしても、音が大きく耳が痛い!

その横には、特産のライスペーパーの実演販売が。
なるほど、ライスペーパーの模様はこれか〜と思わず納得!

ホーチミン市内から半日あれば十分見て戻ってこれます。

旅行各社のツアーもありますので、比較的行きやすいです。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
3ヶ月ぶりにハノイへ出張
category: 出張先 | author: sakuzou
セシール - ワイシャツ特集
2月末以来のハノイ出張に先日行きました。
いつものごとく、ベトナム航空で飛びます。
ほとんど満席のハノイ〜ホーチミン線ですが、ほとんど満席となると、隣には必ず人がいることに。
やっぱり日本と違うな〜と思うのは、航空機内でのマナーです。人のことなんかお構いなしで、客室乗務員も大変そうです。中には、マナーが悪いのを注意されて客室乗務員に逆切れする客もいる始末!
なので、正直言うと飛行機に乗りたくないんです。
かといって、列車で2泊3日もかけて移動というのも。。。
そこで、会社のお金でエコノミーチケットを購入し、自腹でビジネスクラスに変えるという手段をとるようにしました。
ハノイの常宿、HOTEL NIKKO HANOIは比較的街の中ほどにあります。
目の前にサーカスがあるのをはじめて知りました!
さすがに23時過ぎは車両も少なくなります。
いつもは、街中に出て食事するのですが、メールチェックしてたら遅くなりホテルのレストランで食事することに。
ざるそばセットです。日本で食べるより高いお値段でした!
5つ星ホテルなので仕方ないか。。。

翌日は、現地の人にローカルレストランに案内されました。
ハノイの料理はあっさり目の味付けです。
このレストランにあったお酒ですが、、、
オオトカゲのお酒
ケシのお酒(こんなの出していいのか??)
そして夕方は、いわゆる「ベト飯」
ご飯に、ワゴンにある好きなおかずを指差して載せてもらいます。
これは結構おいしいです!
昼のアポイントの合間はカフェで時間調整。
ハノイのコーヒーはホーチミンのコーヒーと比べてかなり濃いです。
私は時々、水をいれて薄めるほどです。
3日目の昼ごはんは日本食です。
マグロカツ丼です。とんかつのカツ丼よりあっさりしてました。
脇にある煮物や味噌汁でホッとします。やっぱり日本人は日本食ですね!
帰りの飛行機は、飛行場の端っこまで連れて行かれての搭乗です。
主要路線でもこんな乗り方です。
現在、ハノイのノイバイ空港は大規模なターミナル拡張工事をしてます。
大成建設が主で工事をしているようです。
今の空港ターミナルの2倍くらいの広い敷地が工事用の壁で覆われてますので、かなり大きなターミナルビルになるようです。
17時を過ぎる便では、夕食が出ます
結構おいしい食事です。
あっという間の4日間でした!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ベトナムの旧正月前の贈り物
category: 地域ネタ | author: sakuzou
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

2013年の旧正月は2月10日でしたが、その前は日本で言うお歳暮のようなものが会社から従業員や会社から取引先などへ贈られます。

日本のように包装紙でくるんで、のしをつけて、ということはありません。

↓これです
私もいただいちゃいました。

街のいたるところでこんなのが1月からいっせいに売り出されたので、なんだろうと思ってましたが、、、まさかこのためとは思いませんでした。

開封して、アップを撮影!
日持ちするお菓子やスティックコーヒーですね。
左の六角形のキャンディですが、ポーランド産のようですが、全部が固まってました。
ちなみに、何度も1個1個分解しようと試みたけど無理でした。。。
中ほどの瓶は中部高原のダラット産のワインです。

私はお菓子を食べないので、ほとんど人にあげちゃいました。
それにしても、器用に立っているでしょう?

答えは簡単、ボンドでべったりくっつけられてます。
はがそうとしたら、ほらこんなふうに。。。

日本ではありえないですね。

それにしても、2013年度もワシはこの国ですごさねばならないか??

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
日本食レストランHANAYUKI
category: 地域ネタ | author: sakuzou
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

2月の一時帰国前に、いつも通りがかるだけで入ったことのない日本食レストランで昼ごはんを食べました。

1区のLe Thanh Ton通とTon Duc Thang通の交差点付近にあるHANAYUKI(花ゆき)というお店です。SUSHI BAR 1号店の横です。
あるwebサイトでは、完全にベトナム人だけでお店を回しているようなことが書いてありましたが、確かに日本人らしいスタッフは見かけませんでした。

どっしりした寿司屋さんのカウンターのようなカウンター席とテーブル席などがあり、ベトナム人の板前さんがカウンター内にいます。2階席もあるようですが、複数で来られたお客さんは2階へ案内されてました。

昼の定食を食べましたが、このあたりではよくある10数万VNDだったと思います。


本日のメインディッシュはサーモンのバター焼きですが、お箸が滑って1/5ほどサーモンが床に落ちてしまいました(泣)・・・

画像右下は確か揚げ出し豆腐だったような。。。

食べた感想としては、そつなく作りこんでいる感じです。多分多くの人に受け入れられる味だと思います。なので、これといって印象が残らなかったんでしょう。


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ホーチミン市で一番お気に入りの麻婆豆腐
category: 地域ネタ | author: sakuzou
DHCオンラインショップ

最近、ベト飯(ベトナム料理のことを現地の日本人は時々こういいます)は完全に飽きて、ベトナム人と食事するとき以外はすべて日本食になってます。

そんな中、1区のシェラトンホテルのあるDong Du通り(29 Dong Du st, Ben Nghe ward, Dist 1, HCMC)に「らあ麺ドラゴン」というお店があります。日本人が運営しているようで、ベトナム人店員さんはふつうに「いらっしゃいませ」と言うし、メニューも日本語で書いてあるし、お客もほぼ日本人だし、完全に日本向けのお店です。

このお店、ほかのお店と比べ金額だけを見ると高いのですが、味とボリュームでは十分納得のいく金額と私は思います。私の出身地福岡の人はとんこつじゃないとラーメンと認めないというちょっと視野の狭いこだわり派もいますが、それぞれの地で受け入れられるラーメンであれば私は大歓迎です。

さて、タイトルのとおりなのですが、ラーメンもうまいですが、ここの麻婆豆腐丼(麻婆ラーメンもあります)が日本で食べる麻婆豆腐よりうまいです!最近、日本で麻婆豆腐を食べても「これだ!」というのに出会わないので、まさかホーチミンでこのクオリティのものが食べられるとは思いませんでした。


あちゃ、肝心の値段を忘れた。。。10数万VNDだったと思います。

ちなみに、系列のDragon Hotpotではデリバリーがあります。
日本でおなじみの弁当から鍋まで配達可能なメニューは豊富です。
もちろん、Hotpotの店内では普通に食事ができます。

comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
バスの運賃が値上がり!
category: 地域ネタ | author: sakuzou
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

久しぶりにバスに乗り、4000VNDを払おうとすると運転手氏が「5000VND」と言ってきました。

これは日本語の記事に時々ある年末年始のドサクサ紛れの運転手氏個人の値上げか?と思ったのですが、バスのチケットを受け取ると確かに5000VNDの表記が。

ハノイでは数ヶ月前にバスの運賃が4000VNDから5000VNDに上がったので、ホーチミン市も時間の問題かと思ってましたが、とうとう値上がりしてしまいました。


上のチケットが値上がりする前の4000VND、下が値上がりした5000VNDのチケットです。

初めてバスターミナルからバスに乗りましたが、日本人がバスに乗るのが珍しいようで、いろんな人にじろじろ見られる始末。。。

バスターミナルではスリが多いそうなので身構えてましたので、それも目立ったのかな?


comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS